自然素材について

無添加住宅の素材
炭化コルク炭化コルク
しっくいしっくい
天然石 錆バラ天然石
柿渋柿渋 米のり米のり
ムク材天然ムク材
化学接着剤を全く使わない家が、本当の健康住宅です
体に良くないものは使わない。こんな当たり前のことに目をつぶってきたのが、日本の住宅産業です。コスト優先、均一な品質で大量生産するために、化学建材を多用した住宅づくりが「シックハウス」を生み出したと言えるでしょう。
シックハウス症候群の原因のほとんどが、接着剤に含まれる化学物物質だとわかってきました。
化学接着剤をいっさい使わずに家を建てることはできないものかと、長年研究して体に良い無添加住宅の家が完成しました。
建材などには天然素材を吟味して選び、究極の無添加を実現。
体に良くない化学物質を使わずに、自然素材で健康な家づくりを進める「無添加住宅」の誕生です。
「無添加の家」は、極限まで自然素材にこだわっています。
たとえば、化学接着剤に代わるものとして。米でつくる「米のり」、動物の骨や皮でつくる「にかわ」などを使っています。長年の研究の結果、無害な自然のりを安定的につくり、建具に利用するなど実用化することができたのです。
また、問題の多いビニールクロスに代わる内装素材として、安価な「漆喰」塗り工法を開発するなど、身体に良くないものは使わず、無添加の素材と工法で、住まいづくりを進めています。
 天然素材だから安全とはかぎらない?
スギやヒノキが長生きし、大きく成長するのはどうしてかご存知ですか?
大きく成長する木はそのもの自身を虫や腐朽菌などにおかされないように守っているのです。
だから長生きするんですね。では、どうやって守っているのでしょうか?
答えは木自身が虫の嫌う化学物質を出しているのです。これも多すぎると人に影響を与えます。化学物質過敏症の人は気分が悪くなるそうです。
家をつくる時、例えば、土台にはシロアリや腐朽菌に侵されないようにヒノキを使い、他は化学物質をあまり出さない木や漆喰でつくる。要は素材のバランスが大事なのです。
漆(うるし)などはかぶれるし、鳥兜(とりかぶと)などは人さえも死んでしまいます。天然素材だから安全ということは無いのです。
 無添加住宅を考えた人
私は若い頃、植物学者になりたくて、多くの植物を研究しました。
その中でアセビや楠の葉、柿渋のタンニンに防虫効果があることを知りました。
そこで、建築の仕事を始めてからも、植物の知識が役立ち、防虫用に畳の下に楠の葉を敷いたり柿渋をまいたりしています。
また、長期間、中米で植物採集をしていた間にスペイン語と英語が少し話せるようになりました。そのおかげで、海外の部材を安く輸入できるようになった訳です。その延長でヨーロッパの石屋根の利点を知り、軽量で手間のかからない新しいはりかたも開発。
まさに当社の無添加住宅はこの植物研究が原点。
ここまで自然素材にこだわり、木の化石など新素材の活躍に挑戦している人は他にいないと自負しています。
mutenkajyutaku1

無添加住宅開発者
秋田 憲司氏

無添加イラスト