地震から命を守る耐震診断

あなたのお住まいは、大丈夫ですか?
耐震診断後、現況と耐震補強後の地震被害想定シュミレーションを行います。

地震から命を守る「耐震診断」
特に、昭和56年5月31日以前の古い耐震基準で建てられた建物は、壁の配置やバランスが悪く、構造耐力上必要な壁量や筋交いの接合金物か不足しているものが多く地震の際に被害を受ける可能性があります。
また、建築基準法は、昭和56年以降も改正や見直しがされていて、阪神淡路大震災後に接合金物の奨励が行われたり、2000年の改正では、木造住宅における仕様の明確化などが定められました。
特に、昭和56年5月31日以前の基準で建てられた建物はもちろんですが、それ以降のものでも安心・安全のために耐震診断をおすすめします。
地震から命を守る「耐震補強」
倉沢工務店では、一級建築士が現地で耐震診断を行い、現況の建物および補強後の建物が倒壊するかどうかをシミュレーションすることが出来き、より具体的な提案が行えます。また、ご予算に応じた耐震補強パターンを複数ご提案することも可能です。

例えば、弱い部分を徹底的にカバーするプランから、6強以上の震度に対し、一回目の大きな地震を乗り切って逃げる時間を稼ぐプランまで、状況とご予算に応じて複数のプランを作成し、現実的な対応策を検討させて頂きます。

(あくまでもシュミレーションで、想定の範囲外もあります)

耐震シュミレーション画像
被害想定評点が1.0未満では、倒壊の可能性がある
 耐震診断の費用
100,000円
(ただし、葛飾区にお住まいの方は65,000円。区で補助を受けられる限度額とします)
詳しくは、株式会社倉沢工務店にお問い合わせください
木造住宅耐震助成制度
足立区にお住まいの方は、こちらから
葛飾区にお住まいの方は、こちらから